夏は、カラ〜い料理で汗をかこう!英語も勉強できる“タイ料理教室”が高円寺にある!

DSC_3414
Pocket

暑くなると、無性に食べたくなりますよね。カラいもの……!

ハーブやスパイスがたっぷり入った、体の芯まであたたまるタイ料理! そんなタイ料理作りを体験できる場所が、ここ杉並区にもあるのです。

今回は、世界各国の料理が作れることで人気な「Tadaku」の料理教室で、特に注目を集めている、ティップさんの料理教室に行ってきました。

講師紹介

tip_profile

皆さん、はじめまして。Lalinthipと申しますが、ティップと呼んでください。
タイ出身ですが、日本に来る前にブラジルとアメリカに住んでいました。
料理が大好きでなので、料理に関するノウハウ、レシピそして情熱を皆さんとシェアしたいと思います。

ニューヨークでお菓子学校を卒業しましたが、長く海外に住んでいるのでタイ料理が食べれるように自分で作れるようになりました。特にストリートフードに興味があります。ストリートフードは非常にバリエーション豊富で、屋台それぞれ自分だけの味を自慢するので食べて食べても飽きないです。

「食」をシェアするのは異文化を知るための素敵な手段だと思うので是非皆さんに自分の国のタイを紹介したいと思います!

海外旅行に行きたい学生さんにもぴったり!全編英語で行われるレッスン

DSC_3379

やってきたのは、高円寺の閑静な住宅街。こちらのごくごく普通のマンションにて、タイ料理教室が開かれているのです。

ティップさんは、日本に来て2年ほど。生まれはタイで、以前はアメリカとブラジルで料理の勉強をしていたそうです。レッスンは主に英語を中心に行われますが、英語ができなくても大丈夫。分からないことは、英語でも、もちろん日本語でも、ティップさんが優しく教えてくれるので安心です。

本日のメニューはこちら。タイ語ですが、全てアルファベットで記載されています。

〜本日のメニュー〜
Tom Yan Kung
Kanom Pang Nah Moo
Kai Look Kei
Yam Woon Sen
Tako

訳:
トムヤムクン
豚ひき肉トッピングの揚げたパン
ゆで卵のタマリンドソース揚げ
ヤムウーセン
タピオカ入りココナツプリン

タイ料理は、食材から調理法まで見慣れないものばかり

DSC_3372

到着すると、すでにテーブルの上にはいくつかの食材が。

奥には、タイ料理にはかかせないパクチー、浸された干しイカ、魚……
見慣れないものばかりです。

DSC_3371

特にこちら!

手前から、レモングラス、コブミカンの葉、ガランガルという生姜のような根っこの野菜。これらは全て、トムヤムクンに入るそうです。

ご存知の方も多いかと思いますが、トムヤムクンはタイの伝統的な料理です。辛味と酸味、ハーブや薬味などの複雑な香りが特徴的で、世界の三大スープとも言われています。これらは、風味付けにとても大切な役割を果たします。ボトルに入った乾燥ハーブより、生のものの方が、より風味付けに良いのだとか。

ティップさんいわく、タイ料理用のスーパーで購入できるのだとか。日本では滅多にお目にかかったことがありませんが、タイの家庭料理には必須の食材なのですね。

DSC_3391

料理は、皆で分担しながら楽しく進めます。

味付けした豚ひき肉を、食パンの上に塗っていきます。生肉を直接パンに塗るというのは、なかなかしない体験です……

DSC_3395

塗り終わったら、裏返して油の中にどぼん!

タイでは、パーティーの際などに、皆でつまむ料理として出されることも多いのだそうです。

DSC_3393

こんがり揚がったパン。これだけでも十分おいしそうです。

DSC_3388

最後はデザート作り。なんと、お湯で戻したタピオカの中にコーンを投入!

デザートにコーンって、いったいどんな味になるのでしょう……全く想像がつきません。

DSC_3389

カップに盛り付け、上にはココナッツミルクで作ったプリンを乗せます。

なんだかキラキラして可愛らしいデザートになりました。お味はいかがでしょうか…?

体の中からあったまる!健康にも良さそうなタイの家庭料理の完成!

DSC_3418

3時間ほどの調理を経て、ようやく完成です。

待ってました、ついに実食! もうお腹がペコペコです。

DSC_3412

こちらは、ティップさんが用意してくれた「シンハー」というタイを代表するビール。タイ王室にも認められたという、由緒正しいビールです。全国のタイ料理店でも頂くことができます。

まさか料理と一緒にビールが頂けるなんて…… 感激です。

DSC_3417

まずは、お待ちかねのエビたっぷり「Tom Yan Kung(トムヤムクン)」。

本来のトムヤムクンより辛くない味付けに仕上がっているので、チリペーストやレモン果汁、生クリームなどで、好みの味に調節して頂きます。ハーブの良い香りと、ピリッと利いたスパイスがたまりません! 飲んでいると、じんわりと体が温まってきます。

生クリームを入れるとマイルドさが増し、いっそう美味しくなります。これは新発見。本当に、何杯でもおかわりしたくなる美味しさです。

DSC_3408

こちらは、「Kanom Pang Nah Moo(豚ひき肉トッピングの揚げたパン)」。パクチーを乗せ、特製のソースをつけて頂きます。ソースは、砂糖、ビネガー、塩などの調味料に、野菜を混ぜたもの。

甘酸っぱいソースが、より食欲をそそります。手軽につまめるから、パーティにもぴったり!

DSC_3415

こちらは、「Kai Look Kei(ゆで卵のタマリンドソース揚げ)」。タマリンドは、タイでは一般的な、強い甘味と酸味があるフルーツです。ティップさんお気に入りのソースなのだそう。

甘いのに、タイ米と一緒に頂くとなぜかご飯が進む一品です。

DSC_3410

こちらは、「Yam Woon Sen(ヤムウーセン)」という春雨サラダで、タイの家庭料理です。

普段はビネガーを使用したドレッシングを使うそうですが、ティップさんはレモン果汁を使って作ります。さっぱりと、いくらでも食べれるような味になるのが、嬉しいポイントです。

DSC_3421

最後は、みなさんお待ちかねのデザート! 「Tako(タピオカ入りココナツプリン)」というコーン入りのプリンのようなお菓子で、こちらもタイでは有名な一品です。

ぎっしりのタピオカに、コーンのふんわりとした甘味。「合うのかな……?」と疑いつつ口にしましたが、この食感がとっても良いのです。ココナツプリンも初めて食べましたが、風味がたっぷりと香っておいしい!

実は私、ほぼ初めてのタイ料理でしたったのですが、どれもとても美味しく頂きました! しかも、食材さえ揃えば意外と簡単。お家でもぜひ試してみたくなります。

日本にはない魅力に触れる。料理で楽しむ異文化交流

タイ料理教室は、「日本では、なかなかその組み合わせはない!」だとか、「そんな食材見たことない!」の連続でした。国が違えば食も違うというのは当たり前のことですが、料理を学びながら知らない国の文化に触れる、とても良い機会になりそうです。

ちなみに、ティップさんの好きな日本食は、お寿司と牛丼なのだとか。自分の国の食べ物を気に入ってもらえるのは、やっぱり嬉しいですね。

国際交流にも、英語の勉強にも、ただ美味しい料理を頂くのにもぴったりなタイ料理教室に、みなさんも参加してみてはいかがでしょうか?

ティップさんのタイ料理教室

お申し込みはこちらから

今後の料理教室の日程

8/6 11:00〜15:00 トムヤムクン、ヤムウーセン、タピオカ 人気タイ②
8/14 11:00〜15:00 ガパオの本場の味 人気タイ①
8/20 11:00〜15:00 ペーストから手作りのグリーンカレー
8/23 19:00〜21:00 【短編】パッタイと揚げ春巻き  
8/28 11:00〜13:00  カオマンガイとチーズ入り揚げワンタン

(取材・撮影/岡田萌香)

Pocket

Related post

  1. eyecatch7 【7月の特集:「カラッ」】じめじめした気持ちを吹き飛ばせ!
PAGE TOP