若手落語家が思い出の街を巡る!「立川仮面女子」改め「立川かしめ」の西荻窪さんぽ【昼編】

img_9949
Pocket

「いやー、やっぱり落ち着きますねー!この街は!」

とある晴れた日の遅い朝、西荻窪駅。すぎなみLOVERS編集部は、一人の芸人さんと待ち合わせをしていました。

JRの改札をくぐりながら、すぎなみ愛に溢れたコメントを元気よく発してくれたのが、“西荻散歩”のナビゲーターを買って出てくれた若手落語家・立川かしめさんです。

%e3%81%8b%e3%81%97%e3%82%81%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%95立川かしめ
大学卒業後、広告代理店に勤めるも落語家を志し、脱サラ。落語家・立川こしらに弟子入り。2015年7月、師匠の立川こしらが「弟子の命名権(立川○○○)」をヤフオクに出品し、地下アイドルユニット「仮面女子」がこれを落札。伝統ある落語界を若干ザワつかせながら誕生。2016年「仮面女子」の命名権が終了。10月に「立川かしめ」に改名!
 
 
 

—今日は1日、よろしくお願いします。いきなりですが、西荻窪とはどんなゆかりがあるんですか?

img_9946-1地元は愛知なんですが、大学進学のために上京して最初に住んだ街が西荻窪です。僕の青春が詰まった街ですね。

—なるほど。思い出深い街ですね!今日は立川かしめさんならではの西荻窪の魅力をたくさん教えてください。

img_9946-1はい!よろしくお願いします。この街の魅力的なスポット、美味しいお店など、読者に有益な情報をたっぷり紹介します!

地方出身学生に優しい街。西荻窪の思い出と青春が詰まった学生寮

img_9972

img_9946-1では、最初の名所にご案内します!西荻窪駅から北へ徒歩10分、ちょっと歩きますね。でも、この電信柱が目印。もう着きます!

—み、三重学生会館ですか?

img_9946-1はい。愛知から東京に出てきたばかりの僕が下宿していた学生寮です!



—先ほど、愛知出身っておっしゃっていたと思うんですが…?

img_9946-1はい(笑)、愛知出身なのに三重の学生会館に入ったんです。同じ寮の同期は10人ほどいましたが、三重出身は一人だけでした(笑)。あ、ここです、ここです!

img_9992

—お、おお!これはかなり立派で綺麗ですね!「学生寮」と聞いて、勝手に古臭いアパートのようなイメージを抱いてました。

img_9946-1そうですね、僕も最初驚きました!西荻窪は新宿駅まで20分足らずで行けて、飲食店もとても多いので、本当に学生にオススメの街です。その証拠に、ここ以外にも学生寮はたくさんありますからね。寮の中とか部屋の様子を見れば、西荻窪での学生の暮らしぶりも見えてくるはずです。中に入れてもらいましょう!

—いいですね。ぜひお願いします!

img_9946-1あ・・・。



—あれ?どうしました?

img_9946-1ちょっと、これ見てもらっていいですか。

img_9993

—はい?

img_9996

—・・・。まだ昼前です、ね。

img_9946-1今回の企画を利用して、寮のおじさん、おばさんに謝りたかったんですが……。



—え、謝りたかった?

img_9946-1実は当時の僕は、部屋が汚かったり、深夜に外に出ていったり、それはもう怒られてばかりで……。

それでも、本当に「学生寮」を選んで良かったなと思っています。いろんな学生の友人ができます。東大生もいましたよ。なにより、地方から出てきた同世代の学生ばかりなので、居心地がいい。一人で部屋を借りる選択肢もあったんですが、東京を何も知らない状態で出てきた自分にとっては最高の「家」でしたね。

img_9981

img_9946-1あと、アルバイトもこの学生寮に入ったおかげですぐ決まりました。



—と、いうと?

img_9946-1ここに住む学生に伝統的に引き継がれるアルバイトがあって。「おたまじゃくし」って居酒屋なんですけどね。やりたいバイトがあるとか、自分で探す人以外はそこで働いてましたね。

—へえー!では、「おたまじゃくし」行ってみましょう!

img_9946-1はい・・・。

img_9964

img_9946-1こちらです。西荻窪駅からだと北口を出て5分ぐらいですね。



—まだ開店前ですかね?

img_9946-1実は、少し前に閉店してしまったんですよね。



—なんと!

img_9962

img_9946-1「おたまじゃくし」は西荻窪の住民には人気の居酒屋でした。特に「牛すじ」は絶品で、まかないで牛すじカレーにして食べさせてもらってました……。学生にとってはこういうの助かりますからね。

他にもここで働いて覚えた「鶏のタイ風煮込み」とか、“本格的かつ女子力高め料理”は今も作ったりしますね。自炊するためにも、学生が居酒屋でアルバイトするのはいいことばかりですね。
otamajakusi▲営業中の「おたまじゃくし」

—なるほど…。しかし、かしめさん、ちゃんと店内に入ってお店紹介とかできるところが知りたいです。

img_9946-1わ、わかりました。では、僕自身、今も通っている“ある場所”に行きましょう!ここまでは落語の「まくら※」だと思ってください!

※まくら…落語の導入部。本題に入る前の話。

イケメン院長の丁寧で確実な施術!杉並区唯一の腰痛ヘルニア専門院、がく接骨院

img_9939

img_9946-1はい!ここは注目ですよ!「がく接骨院」です。



—歩き疲れたから休みに来た、とかじゃないでしょうね?

img_9946-1何てこと言うんですか!必死に西荻窪の魅力を紹介しようとしているのに!いいですか、ここは杉並区で唯一の「腰痛ヘルニア専門院」なんです。

僕が社会に出て営業マンだった頃、いろんな縁があってこの院を教えてもらったんです。大学を卒業してからも西荻窪に通っていた理由の一つがココ!もう予約してますから、入りますよ!

img_9936

「待ってましたよ〜!はい、とりあえずサイン書いて(笑)」

—イ、イケメン!!

img_9936初めまして。石橋学(がく)と申します。

img_9946-1イケメンでしょ!ガクさんは「西荻の海老蔵」って呼ばれてるぐらいですから!開業したばかりの2012年から施術してもらってて、もう体は軽くなるし、猫背気味だったのが治るし、本当にお世話になってるんです。

—「海老蔵」って異名・・・。すごいですね。

img_9946-1普段は優しいんですが、「S」なとこがあって。前に来た時、待合室で足組んで待ってたらめっちゃ怒られたんです(笑)。

img_9936整体に来て、なに姿勢悪くなるようなことしてるんですか?」ってね(笑)。

img_9946-1ね?この「Sっぷり」もたまんないんですよ。ということで久しぶりにやってもらっていいですか?


img_9936任せてください!

img_9916

img_9946-1うっ、んごごごごごごg・・・!!!

img_9917

img_9946-1ふんぬぅおぉぉohhh〜!……ふぅ。

img_9925

—おー、なかなかの迫力!かしめさん、やっと紹介すべき名スポットを教えてくれましたね!

img_9946-1……。



—あ、あの、その表情は“勝ち誇った顔”ですか?“痛みを我慢してる顔”、どっちですか?

img_9946-1りょ、療法(両方)です・・・。



がく接骨院
住所:東京都杉並区西荻南4-31-7 レーヴ西荻窪101
電話番号:03-5344-9883
営業時間:
月・火・木・金:9:00~12:00/15:00~19:30
水:9:00~17:00
土:9:00〜14:00
定休日:日、祝

トッピング全て無料でコスパ満点!西荻窪の“二郎系”ラーメンなら「肉そば 千」

img_0013

img_9946-1あー、整体気持ちよかったぁ〜。ではでは、お腹が空いたところで僕がいまでも通っている店に行きましょう!ラーメン屋の「肉そば 千」です!

—お、いいですね!

img_9946-1学生の時は「ラーメン 大」という名前だったんですが、その時から“二郎系”のラーメンなのは変わらず。1杯650円で腹一杯食べられるので、ずっと通ってますね。

「ラーメン二郎」では、食券を買うと店員が「ニンニク入れますか?」って聞いてくるじゃないですか。ここは看板の時点で「ニンニク入れましょう」って書いて宣言しているんです。この謎にアグレッシブな姿勢がいいですよね(笑)。

img_0018-1

—ということは、勝手にトッピング全部入ってるんですか?

img_9946-1いや、普通に入ってから選ぶスタイルです。そこはびっくりするぐらいに普通(笑)。まあ、入りましょう!

img_0019

—量は4段階から選べるみたいですね。

img_9946-1学生の時は「増し増し」が当たり前だったんですが、今は「増し」で、十分です!

img_0022
—十分すぎる……

img_9946-1いただきます!!!

img_0027

—これは、確かに学生や若者にはたまらない!

img_9946-1そうなんですよ、僕は“ジロリアン”ではないですが、何日かに一度、こういう味の濃〜いものって食べたくなりますからね。太麺で程よい弾力があって、スープとの相性も抜群です!あ〜、うまっ!

学生の時は、何かを頑張った時の「自分へのご褒美」や、失恋した時に胃袋を慰めてもらうために食べに来ていたのを思い出しました。

—青春の味ですね(笑)。

肉そば 千
住所:東京都杉並区西荻南3-7-7
営業時間:無休 11:30~

キング・オブ・中央線の飲み屋街!?異国情緒たっぷりの「柳通り」

img_9944

立川かしめ はい!ここは西荻窪の名スポットとして外せない場所!アジア料理屋から赤提灯系までひしめく飲み屋街「柳通り」です!西荻窪の呑んべぇはだいたい柳通りで飲み続けるのが基本です。

pixta_22353137_m▲「柳通り」の夜の雰囲気

—いや、まだ昼間じゃないですか!飲み屋街に来るのは少し早いでしょう!

img_9946-1ふっ、甘いですね。西荻をナメちゃだめです!ここ「柳通り」は毎月第三土曜日には「昼市」が行われて、真っ昼間からすごく賑わうんですよ。そんなこともあって、お昼から飲めるお店もたくさんあるんですよ!

—ほうほう。では、立川かしめイチ押しの「昼から飲める一軒」、教えてください!

img_9946-1それがですね、僕はまだ修行の身で、酒はお断りしているんですよ。でも学生の時に来ていた店なら、昼から飲めて、おいしい焼き鳥が食べられる店「やきとり戎(えびす)」ですね!

—……。ここ、すぎなみLOVERSですでに紹介しているんですけど。

【西荻窪】本格的な焼き鳥をお手頃価格で。昼から飲みたいときは「やきとり戎(えびす)」

img_9946-1お、お後がよろしいようで!(笑)



続き:若手落語家の西荻さんぽ【夜編】立川仮面女子改め立川かしめが語る「西荻窪の人情味」

(取材・執筆/富澤友則)

Pocket

Related post

  1. IMG_9530 ちゃんと生きるために、大切な順番は“食住衣”。荻窪の本屋「Tit…
  2. tomoe_tai まるで高級ぜんざいのよう!阿佐ヶ谷のたい焼き屋「ともえ庵」、その…
  3. OLYMPUS DIGITAL CAMERA 雨の日の髪もまとめてくれる!ショートが得意な美容室「~ing(カ…
  4. shutterstock_188676722 【ちょっと余談】杉並在住の映画プロデューサーが手がけたホラー映画…
  5. アイキャッチ 野菜卸からバーのマスターへ~バーボンさんの「今」に至るまで~
  6. OLYMPUS DIGITAL CAMERA 【開催直前!】地域を育む一大イベント。ジャズの祭典、阿佐谷ジャズ…
  7. P1000792 変わらぬ美味しさを守り続ける、阿佐ヶ谷の老舗和菓子店「うさぎや」…
  8. のまど こだわらない、にこだわる旅の情報発信地「旅の本屋のまど」【秘蔵の…
PAGE TOP