「子供が欲しい!」と思った時から知っておきたい、杉並区の子育て支援情報

shutterstock_130724468
Pocket

豊富な自然と閑静な住宅街の様子から「住みやすい街」と思われていることの多い住宅都市、杉並。

今回は、最近メディアでも頻繁に取り上げられることの多い「杉並区の子育て支援策」をわかりやすく解説します。妊娠時やお子さんの年齢別で受けられる支援策をまとめたので、ぜひお役立てください。

妊娠時の手当て

kosodate_1
東京都は、区民である妊婦さんすべての方のために、次の2つのサポートが用意されています。

(1)ゆりかご面接詳しくはこちら

妊娠が判明したら、管轄の保健センターで「妊娠届」を出しましょう。その際、「母子健康手帳(母子手帳)」「母と子の保健バッグ」の交付、「ゆりかご面接」などを行います。

「ゆりかご券」として1万円分の交付があるので、ぜひ活用したいですね。妊娠期からの切れ目のない子育て支援の充実を図ったものです(平成28年4月1日より)。

(2)母親学級・パパママ学級詳しくはこちら

産後の生活や育児について学ぶための講義や実習、仲間づくりを目的とした勉強会です。

妊娠前に知っておきたい。杉並のさまざまな助成金制度

妊娠を望む方も知っておきたい助成金制度があります。
pixta_21111770_m
・不妊治療をしている → 特定不妊治療費助成 (詳しくはこちら
・経済的事情の不安がある → 入院出産費用の助成 (詳しくはこちら
・妊娠高血圧症を抱えている → 妊娠高血圧症候群の医療給付詳しくはこちら

子供が産まれる前も利用できる!「産前・産後支援ヘルパー」

・産前・産後支援ヘルパー (詳しくはこちら
産前・産後の家事や育児の支援が必要な家庭を、ヘルパーが訪問する子育て支援サービスです。利用料金は1時間1,500円(所得によって異なります)。

0歳から受けられるサポート

kosodate_2
0歳から受けられるサポートは以下の3つです。

(1)すこやか赤ちゃん訪問詳しくはこちら

赤ちゃんが生まれた全家庭を、生後4ヶ月までに保健師や助産師が訪問し、育児相談等に応じてくれます。子育てが初めてのパパ・ママも安心できますね。

(2)子育て相談・子育て交流会詳しくはこちら

保健センターでは、電話や訪問、センターへの来所による相談に随時対応。身体測定も1歳の誕生月まで利用可能です。
そして、毎月1回、生後1ヶ月位から5・6ヶ月を対象に「子育て相談・子育て交流会」を開催!たとえば、褒め方や怒り方に悩んでいる人向けの講座や、自分自身の「怒り」の感情のコントロールの方法を学べる講座などがあります。

(3)訪問育児サポーター詳しくはこちら

0歳の赤ちゃんがいる区内在住の家庭を、区の専門研修を受けたサポーターが3回(多胎児の場合は6回)まで訪問し、話を聞いたり、育児の仕方を一緒に考えてくれるサポート。訪問時間は2時間まで、料金は無料

注目!「杉並子育て応援券」をどんどん活用しよう!

杉並区民の方は確認しておきたい「杉並子育て応援券」。こちらは、就学前の子どもがいる家庭に交付されるもので、有料の子育て支援サービスに利用できます。

出生時に2万円、0歳児から2歳児に2万円交付されます。妊婦さんにも「ゆりかご券」として1万円交付されるのは、先述の通りです。

kosodate_5

「杉並子育て応援券」を活用できる有料サービスは大きく分けて4種類。
1. 親子地域ふれあいサービス
2. 親(妊婦含む)をサポートするサービス
3. 子どもを預けるサービス
4. インフルエンザ予防接種
たとえば子供が産まれる前、産まれた後の日常生活のサポートや、マタニティヨガ、ベビーマッサージなどさまざまな内容があります。最新情報をチェックしてみましょう!

認証保育所・保育室への保育料の一部助成

kosodate_3
「認証保育所」、「杉並区グループ保育室」、「杉並区委託型保育室」、「杉並区小規模保育所」などを活用する場合、保育料の一部助成があります。

助成金額は住民税の納税額によって異なりますが、実質ほとんどの世帯で受給可能となっています。(詳しくはこちら

28年4月、認可保育所への入所希望者数は過去最高の約4,000名となり、残念ながら待機児童数は昨年を大きく上回る結果となりました。
杉並区は「すぎなみ保育緊急事態宣言(詳しくはこちら)」を打ち出して、待機児童ゼロに向けた対策を進めています。

小学生から受けられるサービス

kosodate_4
小学生から受けられるサービスは主に3つあります。

(1)【小学生向け】学童クラブ詳しくはこちら

小学生を対象とした「学童クラブ」があります。こちらは、保護者が仕事などにより昼間留守になる家庭を対象としており、放課後の生活の場として区内に50カ所設置されています。利用料金は月額4000円です。

(2)【小学生向け】児童館詳しくはこちら

子ども達が気軽に利用できる「身近な居場所」として41カ所設置されています。

(3)【中高生向け】児童青少年センター(ゆう杉並)詳しくはこちら

文化や芸術、スポーツなどの自主的な活動を通して交流できる、中高生のための居場所です。「中高生に限定した居場所」であり、建設と運営に中高生自身が関わっています

ゆう杉並の利用案内については、「cedre(セドル)」というWebサイトにも記載されています。

ファミリー・サポート・センター

「今だけ、ちょっと子供を預かってほしい……。」そんな時に活用できるサービスです。
会員になると、短時間の子ども(10歳以下)の預かりや送迎に対応してくれます。
杉並区社会福祉協議会に委託していて、利用料は800円(1時間)です。(詳しくはこちら

子育てサービスをきちんと理解して、お得に活用しよう

少子化対策として、各自治体では、妊婦や子育て家庭にやさしいさまざまな制度やサービスを登場させています。

そんな中、杉並区では「子育て応援券」事業を2007年に開始し、マスコミでも大きな注目を集めました。近隣自治体にも同様のサービスはありますが、金額、対象になる子どもの数、利用できるサービスの充実ぶりなど、杉並区が群を抜いています。これらの努力が実り、区民への意識調査では、地域の子育て支援サービスについて6割が「利用しやすい」と回答。

現在、待機児童の急増が表面化し、その解決に全力を挙げてとりくんでいる杉並区。今後の動向を、期待をこめて見守りたいものです。

Pocket

Related post

  1. pan1 【浜田山】お子さんのおやつにも!駅近のパン屋さんLa Ceris…
  2. %e9%ba%a6%e3%82%8f%e3%82%89%e3%81%bc%e3%81%86%e3%81%97%ef%bc%93 【井荻】お総菜パンの種類も豊富!お客さんが途絶えない町のパン屋さ…
  3. image05 【西永福】他区からわざわざ足を運ぶ人も!国産素材のパン屋さん「P…
  4. pixta_21516423_M 【西荻窪ママ、必見】美味しくて便利。子連れで行きやすいお店を料理…
  5. image06 【西永福】何を食べても美味い&安い!家族連れも多い居酒屋さん「ち…
  6. kopit1 【浜田山】子どもとのお揃いコーデに◎Kopitでお気に入りの帽子…
  7. 9tokusyu2 【9月の特集:主婦のミカタ】便利、おいしい、役に立つ。嬉しい情報…
PAGE TOP